2005年09月18日

運動会にご招待

来年の春にはゆーちゃんも小学生です。
黄色いカバーを付けたランドセル姿はきっと可愛いだろうな〜黒ハート
ゆーちゃんの行く小学校は家から子供の足で15分位のところにあります。
そして今日はその小学校の運動会でした。
その運動会に、来春入学予定の近所の保育園・幼稚園の園児たちが招待されました。
当然ゆーちゃんも参加の申し込みをしました。
出場する競技は30M走です。

朝、もっくんも付き添いで一緒に行きました。
まだ早いけどせっかくなので、登校の時通るであろう道を通って行きました。
結構車の通りは激しい上に、歩道があるのかないのか分からない位狭いので、
色々教えながら歩きました。

小学校に着いて受付を済ませ周りを見ると、知らない子ばかり。
ゆーちゃんの同級生の子は、男の子1人だけで誰も来ないようです。
今思えば、その辺からゆーちゃんの様子はちょっと変だったと思います。
集合してくださいと言われ、ゆーちゃん1人で知らない子の中へ並びました。
その時はまだ僕らは見える所に居たので平気だったんでしょうね。
その姿を見ててつい安心した僕は、もうすぐ競技スタートと聞いて
ゴールの方に行っちゃったんです。
すぐ走ってくるし、写真も取らなきゃと思ったもので。
ところがなかなか始まらないんですよね。
この辺でちょっと心配になってきました。
でも10分もしないうちに園児入場のアナウンスが聞こえたので、
まあいいかと様子を見に行かなかったのです。
そして、1組目・2組目・・・と進んでいき、いよいよゆーちゃんの番です。
ん?なんか様子が変かな?
目の悪い僕にはよく見えなかったので、もっくんに「ゆーちゃんどうしてる?」
って聞くと、「泣いてるよ」と一言。
あちゃ〜ふらふらやっぱりか〜バッド(下向き矢印)
泣きながら先生とお姉ちゃんに手を引かれて走ってくるゆーちゃん
ゴールの所まで迎えに行くと、抱きついてきました。
どうやら僕の姿が見えなくて心細くなってしまったようです。
まったく、相変わらずこういうところは甘ったれです。
でも、周りに知らない子ばかりで、1人ぽつんと居たら、そりゃ泣きたくもなるか。
こりゃ僕が悪かったな。
せっかくのご招待だったのに、もう少しゆーちゃんの気持ちも考えてあげるべきでした。
楽しい思い出になるはずだったのに。
ゆーちゃんが普段あまりにもしっかりしてるので、
ちょっと思い違いしてるところがありましたね。
考えてみれば、まだ6歳。
しかも、初めて来た所でほっとくなんてありえないよな。

とりあえず手を引いてくれた先生とお姉ちゃんにお礼を言って帰る事に。
帰り道、ほっとかれていじけてるのと、気恥ずかしいのとで元気のないゆーちゃん
申し訳ない気持ちで一杯の僕は、アイスでご機嫌を取る事にしました。
そして100円の自販機のアイスを買ってあげるとゆーちゃんに笑顔がひらめき
よかったーexclamation機嫌直りましたよわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

しかし、今日はぱぱんは反省しました。
子供の気持ちを軽く考えることの無いよう、自分に説教したい気分でした。
もちろん軽く考えてなんて無いけど、油断せずもっと考えてあげないとってことです。
少しずつ色んな経験して、達成感や挫折を覚えていくのは自然だけど、
親のミスで苦い思い出を作るのはなんとしてでも避けないと。
久しぶりに育児の事で気の引き締まる日でした。
それにしてもゆーちゃん、今日はゴメンネm(__)m
こんな事は2度ないようにするから許してネ。

明日はこの辺の地区の運動会に参加予定です。
明日こそは楽しい日になるようにぱぱんは頑張ります。
posted by ぱぱん at 00:28| 群馬 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ゆーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。