2006年05月12日

懇談会

今日は保育園の保護者懇談会に行ってきました。
いつもなら奥様に行ってもらって、僕は子供達とお留守番してるのですが、たまたまひーちゃんが熱が出てママにべったりになってしまったので、急遽僕が行くことになったんです。
でも実は懇談会に出席するのは初めてのこと。
結構ドキドキワクワクで行ってきました。

最初は30分ほど保護者総会があって、まぁ形式的な報告とか、ちょこっと園長先生から話があって、懇談会はその後クラス別に行われます。
うちは今年は2人お世話になってるので2クラスを掛け持ちです。
去年は3クラス掛け持ちだったから、それに比べれば楽なのかな?

最初はもっくんのクラスの懇談会から出席しました。
というか、出来ればもっくんも来年は小学校入学を控えた大事な時期なので、ひーちゃんのクラスはパスしてよく話をしてきたかったんですがそういうわけにもいかないので、時間の3分の2を出席しました。
先生から年長さんになって1ヵ月半が経過した最近の様子やこれからの保育方針や行事予定とその内容などの話があって、その後親が自己紹介がてら家での子供の様子やいいところ・悩んでる事などを1人ずつ話していきます。
そしてその都度先生からアドバイスがあったり他の親たちから体験談などの話があったりと、結構有意義な懇談会です。
でも、それが最初の方で時間かけたせいで、もっくんのクラスにいられる制限時間がきてしまい、急いで他のクラスに行く人だけ優先的に話をしてもっくんのクラスをあとにすることに。

懇談会の予定時間をあと30分という所で、続いてひーちゃんのクラスに出席です。
こちらは既に自己紹介は終わってて、2〜3歳児クラスらしく育児の悩みとかを話してました。
遅れていった僕は入ってすぐにとりあえず自己紹介をしたのですが、もっくんのクラスと違って知ってる人はいないし、何の話をしてるのか分かんないしいまいち参加できなかったですね。
でも聞くだけ聞いてると、子供が1人しかいない家の方は結構悩んでるんだな〜って感じでしたね。
何だか3人も子供がいる僕としては、そんなに神経質に考えなくても成長するにつれて出来るようになるから大丈夫なんじゃない?って思いましたよ。
まあね、子供を放置気味にしてる親よりよっぽどいいと思うけど、あんまり神経質になると疲れちゃうんじゃないのかな〜?
子供が1人だと出来る事なのかな〜?
って思ってるうちに終了の時間になりお開きとなったので、出口がごちゃごちゃする前に帰っちゃいました。


さて、今日の懇談会の感想ですが、ひーちゃんのクラスは他の親たちと顔合わせが出来たのはいいとしても、やっぱりあんまり行った意味がなかったな。
そうなるんじゃないかな〜とは思ってたけど・・・。
それよりもっくんのクラスでじっくり話をして情報交換とかしたかったな〜。
だってひーちゃんはまだまだ赤ちゃんだもん。
細かい事はいいんですよ。
可愛がって可愛がっていろんな事を話してあげて色んなものを見せてあげて悪さしたら優しく注意して、それでいいんですよ!
大きくなるにつれいろんな事が分かってくるし出来るようになるし。
2〜3歳のうちなんてそれでいいんです。
まぁあえて言うならば、親が見本になるような生活をすることかな。
例えば、保育園の行き帰りに近所の人に挨拶するとか、ゴミをポイ捨てしないとかそういう基本的なことを見せてあげることは大事でしょうね。
小さい子はそういうのちゃんと見てて真似しますからね。
だからひーちゃんのクラスの懇談会は、ある意味奥様方の井戸端会議のようにしかならないもんね。
逆にもっくんは、そろそろ小学校を意識した躾や心のケアを強化してやらないといけない時期なんですよね。
よその家はどうしてるかとか、うちの方針はどうなのかとか、じっくり話したかったんです。
でも1人で掛け持ちで出てる限り無理な話だよな〜。
次は子供達引き連れて、家族全員で出席するか!
うん!そうしよう!!
posted by ぱぱん at 23:55| 群馬 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。