2006年07月24日

夏休みの宿題

僕らが小学校の頃は、夏休みの宿題ってイヤになるくらい出されたような気がするんですが・・・。
最近の夏休みの宿題って少なくないかな〜?
まあね、まだゆーちゃんも1年生だし初めての夏休みだし手加減してくれてるのかもしれないけど。


うちは夫婦共働きです。
だから息子たちは保育園に、ゆーちゃんは学童に預かってもらってます。
そしてゆーちゃんの通ってる学童では、午前中に勉強をする時間というのが設けられていて、主に学校の宿題をやります。
もちろんそれ以外にも、塾の課題やら通信教育などの課題をやる子もいます。
とにかくその時間内は勉強をして、終わったら目一杯遊ぼうという感じなのです。
勉強をする習慣が身に付くし、夏休みボケ防止にもなるし、実に良い取り組みですよね。
これが家に居たのでは、どこか甘えが出てしまうでしょうから、実に助かります。

さて、先週末から夏休みに入ったゆーちゃん
まだ学童には2回しか行ってません。
なのに!すでに宿題のドリル1冊終わってしまいました。
これだけ聞くと「だから?」って感じですよね。
続きがあります。
このドリルが終わったって事は、残る宿題は「絵画」「毎日の日記(1行位で良い)」「絵日記2日分」「あさがおの観察(毎日花が咲いた数を記録)」だけです。
たったこれだけなんですよ〜!
もう(ノ゜凵K)ノびっくり!!
つまり、通信教育も塾もやってないゆーちゃんは、学童の勉強の時間にやれるような事は何もなくなっちゃったのです。

確かに夏休みに入る前に、「宿題は最初の1週間で終わらせちゃえば。」とかる〜く言いましたよ。
でもまさか2日でドリルを終わらせるとは!!
自分は最後の3・4日でまとめてやるタイプだったから、ちょっと尊敬しますよ( ̄  ̄) (_ _)うんうん

だからゆーちゃんに「すごいね〜!!じゃあ夏休みは遊んでてもいいよ〜。それとも勉強したい?」と言ったんです。
もうね、ホントそう思うんですよ。
せっかくの夏休みに遊ばなくてどうする!?って思ってますから!
ところが返事はもっと素晴らしいものでした。
「学童のお勉強の時間は勉強したい。」だって。

すっげ〜な〜!!
親公認で堂々と遊べるのに、それより勉強したいなんて!
なんて優等生な娘なんだ〜!!
まあそういうのはあまり好きじゃないけどね・・・。
でもせっかく娘がやる気になってるんだしね、協力しましょう♪

という事で、またまたフリーソフトやら何やら使って手製のドリルを作ってみました。
問題の方のファイリングは終わったので、あとは100点だったときのご褒美シールをはる台紙を作ってやろうかという所です。
シール(フルーツ)と厚紙は買ってきたので、あとはWordでも使って大きな樹の絵でも描いて、タイトルは「たくさん実るかな?」とかつけて楽しく取り組めるようにしてやろうと思います。

それにしてもな〜、そもそも宿題が少ないんじゃないかな〜?
遊ぶ時間もないほどじゃ可哀想だけど、ドリルとかもう2冊位あってもいいと思いません?
これって「ゆとり教育」なの?
posted by ぱぱん at 23:09| 群馬 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ゆーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。