2008年08月17日

帰省1日目

楽しかったお盆休みも今日で終わりだ〜!!
休みの間中必ず何かしらしてたな〜。
楽しかったけどちょっとお疲れかも・・・。
少しはダラダラ過ごしとけば良かったかな〜ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

さてぼちぼち帰省中の事を書いていこうかなって思います。

今回も相変わらずのんびり電車にゆられての帰省でした。
途中トイレ休憩や一服休憩を入れたりしながら、約6時間かけて帰省しました。
えらい時間かかってますね〜(ノ゜凵K)ノびっくり!!
でもこの電車での移動自体が楽しみの一つになってるので、あまり苦痛ではなかったですね。

実家の最寄り駅に着くと、これも相変わらずじじ(僕の父)がお迎えに来てくれてました。
子供達もニコニコして交代でじじに抱きついて抱っこしてもらってました。
ゆーちゃんなんかそろそろ抱っこするのがキツイくらい大きくなってきてるのに、じじも大喜びで抱っこしてくれてました。
1年に1回しか会えないから、孫達の成長を感じたかったんでしょうね。

じじに挨拶した後は、おばあちゃん(子供たちから見れば曾おばあちゃん)に挨拶に行きました。
半寝たきりになってしまって随分経ちますが、毎年会うたびに顔色も良くなってきてるし、曾孫たちに色々話をしてくれたりと、段々元気を取り戻してきてくれてます。

少し話をした後は、ちょっと一休み。
その後は、地元の町おこしの一環でやっているお祭りと、灯篭流しの見物に出掛けました。
お祭りでは、買い物をするたびに福引券を貰えて、子供達は福引に夢中でした(^ー^* )フフ♪
じじの知り合いで、僕も昔バイトをした事のある海産問屋の社長さんが祭りを取り仕切っていた方だったので、内緒で福引券をいっぱいくれて、沢山の景品を貰いました。
9割ははずれだったんですけど・・・(笑)
その他カキ氷を食べたりジュースを飲んだりおもちゃを買ってみたりと祭りを満喫した後は、浜辺に行って灯篭流し見物です。
うちの地元は湾になってるんだけど、沖のほうから大小の灯篭に火が入り、それが段々波に乗って流れてくる様はとっても幻想的です。
また灯篭流しと一緒に打ち上げ花火が上がるのも、子供達にとっては感動だったようです。
なんせ人混みがキライなので花火大会とか連れて行ってやんないですから!
花火は灯篭流しの時と、フィナーレにも上がりました。
さすがにフィナーレまで待ってられないので、一度家に戻り風呂に入った後、家の前の堤防で見物しました。
灯篭流しの時より打ち上げ場所に近いので、本当に目の前でドーン!って上がり、子供達はその迫力にまたまた感動したようです。

花火のあとは大じじに遊んでもらってました。
いつの間にか釣りに行く約束までしてました。

これで1日目は終了!
みんなぐっすり寝てました。

ちなみに僕は、子供達が寝た後高校の頃からの親友が遊びに来てくれて、仕事の事・恋の事(彼は独身だし)・昔話に花が咲き、気付いたら朝の4時に!
遠く離れてそれぞれが生活をしていても、再会した時にはまるで家族のように話の出来る奴がいるってホントいいもんですね♪
posted by ぱぱん at 22:44| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供と遊ぼう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。