2006年02月08日

初めてのマンガ

予想通り昨日・今日と保育園をお休みしたゆーちゃんですが、心配していた肺炎やインフルエンザではなくただの風邪だったようです。
咳が酷いので今日はお休みしたけど、熱も下がり結構元気でした。
なので明日には保育園に行けそうです。
よかった〜C=(^◇^ ; ホッ!

さて、自分もそうだけど、熱もなく咳が出るだけだと、暇で暇でイヤになってくるんですよね。
風邪なんだからしょうがないけど、まだ子供のゆーちゃんにはちょっと可哀想かなっと。
という訳で、午前中にちょっとだけお出かけしてきました(o^∇^o)ノ
まぁ僕も欲しい本があったので、本屋さんと古本屋さんに行ってきたんです。

で、最初はブックオフへ。
僕は暇つぶしになるセット売りのマンガは無いか物色していました。
その間ゆーちゃんは、少女漫画のコーナーを物色させておきました。
もし100円のコーナーで気に入ったのがあったら買ってあげるよと言っておいたので、たまに覗くと一生懸命探していました。
小さい子のそういう姿って、なんか可愛いんですよね(*'ー'*)ふふっ♪

ところでゆーちゃんは、ひらがな・カタカナの読み書きを一生懸命勉強してきたのに、買ってあげた本は絵本ばかりなんです。
もちろん絵本も大好きで、買ってあげると喜びます。
僕も絵本は子供にとって良いものと思ってます。
でも少しくらいマンガを持っていても良い頃だと思うんですよね。

僕としてはむしろ、マンガを沢山読む事を進めたいくらいだし。
マンガなんて(" ̄д ̄)けっ!って言う人もいるけど、それは間違いですよ!
僕は質の良いマンガは、活字の本なんかよりよっぽど知識がつくと思ってますから。
僕自身、字ばっかりの本も沢山読んだけど殆ど覚えてなくて、マンガで得た知識は今現在も役に立ってる事が多いし。
マンガのいいところの1つは、楽しみながら絵というイメージと共に知識を覚えられるところだと思うんです。
それに、やっぱりイメージと共に感情移入もするので、想像力も豊かになるんですよ。
だから質の良いマンガは楽しいばかりじゃなく、いろんなメリットがあるんです。
これについては、マンガを人生のビタミンとまで言い小学生の頃から読み続けてる僕と、活字の小説などは読んでもマンガは殆ど読まなかった奥様とを比較して証明できます。
学歴は奥様の方が上だけど、持ってる知識は僕の方が断然多いですから。
その知識の大半を僕はマンガから得ました。
と、まあ僕のマンガに対する思いは長くなるのでこの位にして・・・。

そんな訳で、ゆーちゃんの直感で面白そうと思ったマンガを買ってあげました。
ちょっと年齢的に早い気もするマンガだけど、せっかく一生懸命選んだし、昔僕がよく読んでいた作者だったので決定しました。
全3巻で315円なり。
これが初めてゆーちゃんの買ったマンガです。
全部読んだ感想は、「よく分からないけど面白い」でした。
まあ最初はそんなもんでしょうね。
でも何回も読んで熟読すれば、このマンガから何かしら得るものがあるでしょう。
そうなったらまた次を買ってあげようと思います。

ちなみに僕は、気に入ったのが無くて何も買いませんでした。
その代わり、次に行った本屋さんで目当ての本が買えました(マンガじゃないよ)。


今日はマンガを読みながら布団で大人しく我慢したゆーちゃん
さあ、明日からやっと保育園に行けるな。
卒園まであと少し。
小学校は別になり、これでお別れのお友達もいます。
風邪に負けないで、沢山遊んで、思い出を作って欲しいものです。
posted by ぱぱん at 00:01| 群馬 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。