2006年03月25日

卒園おめでとう!

今日は天気も良く、風も爽やかでとっても気持ちの良い日となりましたね。

とうとう今日は、ゆーちゃんの保育園卒園の日。
最初に子供達・親・先生がた全員で記念撮影をしました。
そのあと卒園式でした。
卒園式は中学・高校のような形式ばったものではなく、やわらかい趣のある式でした。
これは後で聞いたのですが、数ある保育園の中からこの保育園を選び、また先生を信頼して通わせてくれた僕ら親に対して、一生思い出に残る雰囲気ある卒園式にしようと先生方がいろいろと演出を考えてくれたそうなんです。
まったく、最後まで素晴らしいほどの気遣いですね。

さて、式の流れですが、まずはみんなでお歌を歌い気持ちの準備をします。
そして園長先生の挨拶のあと修了証書授与がありました。
この修了証書授与の演出が素晴らしかった。
名前を呼ばれ、前に出て園長先生から証書を貰うと、ふつうそれで席に戻りますよね。
ところが戻る前に、園長先生から一人一人言葉をいただき、園児1人につき先生1人からはなむけの言葉があります。
これは必ずしも担任だった事のある先生じゃありませんでした。
このことから、担任はいても先生全員が全員の園児を見てくれていたのだと感じました。
もうこの辺から僕はうるうるしちゃいましたよ(でもまだガマン)。
続いて来賓の言葉や祝電の披露があり式は進みます。
そのあとは子供達が全員で詩の朗読をし、歌を歌ってくれました。
もうこの辺で大分涙をガマンできなくなってました。
そして先生方の詩の朗読があり、続けて子供達による「ママに捧げる詩」という歌の合唱がありました。
今日は式の間は泣かずに見守ろうと思ってたのですが、この歌で抑えが聞かなくなりました。
もう写真を撮るどころではなかったですね。
そして保護者代表からお礼の言葉と記念品贈呈があり、また子供達の歌、終わりの挨拶と続き、年中さんと先生が作ったアーチを通ってゆーちゃんたちは退場していきました。
最後の子がアーチに入った瞬間、ふと担任の先生を見ると泣き出してました。
そうです、それまでは園児の名前を呼んだり、合唱の時はタクトを振ったりしなきゃいけなくて、おそらくそこで泣くと園児たちに影響してしまうから、ずっとガマンして笑顔でいてくれたのでしょう。
最後の子の退場を見送って一瞬気が抜けちゃったんでしょうね。
最後の最後まで子供達とそして親に気を使ってくれてありがとうございます。
式の後は親子・先生での記念撮影や、仲良しだった子たちとの記念撮影などがあり、卒園記念品を頂いてお開きとなりました。

そのあと卒園する子とその親たちでお食事会をするそうでしたが、うちはひーちゃんをばばちゃん宅で預かってもらってたのと、僕が試験前なのとで不参加とさせてもらいました。
試験さえなければ行かせてあげたかったんですけどね。
でも本人もそれほど行きたくもないらしかったです。
そういえば、最後にちゃんとお友達にお別れしておいでと促しても、簡単にバイバイするだけでした。
ゆーちゃんってば、そういうところはなぜか妙にクールなんですよね。
誰に似たのかしら?

いや〜、それにしても実に良い卒園式でした。
こんなにも先生方に大事に思ってもらってたのだと改めて思いました。
ゆーちゃんは3年間しか通えなかったけど、沢山の事を経験させていただき、沢山のことを感じ、沢山の事を学ばせて頂きました。
本当にお世話になりました。
先生方には本当に感謝です。
良い保育園に通えて、うちの子達は幸せだと思います。
posted by ぱぱん at 20:45| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ゆーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
卒園おめでとうございます!いやホントいい保育園ですね。
卒園式の様子を読んでるだけでちょっと泣きそうになりました(^^;)。保育園や学校も業務的になってきてこうやって親身になってくれるところって少ないですよね。なんか段々悪くなって行ってますよね。昔は…なんて言っても始まらないんですけど、なんだか寂しいです。
小学校もいい環境だといいなぁって思います。
Posted by りっち at 2006年03月26日 01:05
きのうゴン太が、ぱぱんと大分まで朗読したの?
Posted by BlogPetのゴン太 at 2006年03月26日 10:16
りっちさんへ
ありがとうございます♪
本当に良い保育園でした。
ゆーちゃんもだんだん分かってきたのか、今日も「もっと保育園に行きたかったな〜。」なんてもらしてました。
でも小学校はどうなんでしょうね。
いい先生と仲間に恵まれればいいのですが・・・。
まぁ仮にいまいちな環境だったとしても、逆境に負けない強さを勉強できる思えば、それもありなんですけどね。
でも低学年のうち位は、いい環境であって欲しいものです。
Posted by ぱぱん at 2006年03月26日 23:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。