2007年07月16日

キャッチボール

今日はちょっと買い物した後、じじちゃん・ばばちゃんのうちに遊びに行きました。
そしてじじちゃん・ばばちゃんちの広い庭で、息子たちとキャッチボールをしました。
と言っても、グローブとちゃんとしたボールではなく、おもちゃのそれっぽい物を使ってですが。

ところで、息子とキャッチボールと言えば父親の夢ですよね。
でも僕はそもそも野球は嫌いだし、キャッチボールに夢は持ってないんです。

でもね、まずひーちゃんから始めたんだけど、まだまだ上手ではないものの、一生懸命キャッチしようとしてるし、上手くいかなくてもとっても楽しそうにボールを追いかけてるんです。
その姿が可愛くて可愛くて♪

そしてひーちゃんが疲れたところでもっくんに交代したんだけど、これまた(ノ゜凵K)ノびっくり!!
最初の数回は下手くそだったのに、ちょこっと投げ方を教えただけで結構しっかりした返球をしてくるんです。
そして僕の投げた球をちゃ〜んとキャッチするんです。
だからキャッチボールが成立してるんですよね。
数ヶ月前に似たようなキャッチボールをした時には、いくら教えてもいまいちだったのに・・・。

本当はキャッチボールなんて好きじゃないけど、息子たちが楽しそうに、そして一生懸命やるもんだから僕まで楽しくなってきて、結局腰が痛くなるまでやっちゃいました(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
息子たちも、「またじじちゃん・ばばちゃんちに遊びに行ってキャッチボールしようね〜♪」って言ってたし楽しかったみたいです(^ー^* )フフ♪
しかも今度の時はゆーちゃんも一緒にやりたいらしいし(笑)

もう少し上手になってきたら、ちゃんとしたグローブとボールを買ってやろうかな?
そしてもっと広い所、例えばこどもの国みたいな所で、思う存分キャッチボールや野球の真似事をしてみるのもいいかもしれないな〜。
なんて思った今日でした。
posted by ぱぱん at 21:53| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 子供と遊ぼう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャッチボールは父親とのいい思い出です。小学生の頃は毎日、
父が帰ってくるのが楽しみでグローブを持ってバス停まで迎えに
行ったりもしてました。
その父の影響でずっと野球選手になりたかったんですが、なぜか
中学でサッカー部に入れられてしまい、それからは父との関係も
ギクシャクして、疎遠になってしまいました。
野球に限らず、一緒に体を動かすことって、とてもいいコミュニ
ケーションだと思います。
Posted by りっち at 2007年08月01日 11:41
りっちさんへ
子供達と一緒に遊んだり話したりするのは、僕にとっても大事な事ですね。
子供達の成長を感じたり、逆に僕が癒されたり。
ただ、元々野球があまり好きじゃないので、どうしてもキャッチボールって言うと構えちゃったりします。
僕が小さい時もオヤジの誘いが苦痛で苦痛で・・・。
でも興味を持ったことはなるべく楽しく体験させてあげたいし、僕もキャッチボール位頑張りますよ〜!
Posted by ぱぱん at 2007年08月05日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。