2005年09月04日

子供の熱

今日お昼寝から起きた後、なんか元気のないひーちゃん
抱っこしてみると体が熱いどんっ(衝撃)
熱が出たかexclamation&question
計ってみると38度5分でした。
機嫌は悪くはないのでそっとしておいたのだけど、ゴロゴロしてだるそうでした。
少しすると落ち着いたのかブロックで遊び始めたのですが、
寝る前にまた熱が上昇。
寝る時はママのパイパイをくわえたまま抱きついてました。
息遣いもちょっと荒くて苦しそうでした。

ゆーちゃんの時も、もっくんの時もいつも思ってたけれど、
赤ちゃんが熱を出すと本当に可哀想ですよね。
親に出来る事といえば、抱っこしてよしよしと励ます事ぐらい。
あとは熱さまシートを貼ったり位かな?
でもうちの子たちは皆、熱さまシートもアイスノンも嫌いで、
大人しくしてくれないので、結局落ち着くまで抱っこしてやる位なんですよね。
まだしゃべれないから何して欲しいか伝えられないだろうし。
赤ちゃんの熱はそれほど心配する事でもないのは分かっていても、
大事な我が子が苦しそうにしてて心配しないわけにはいかないです。

そしていつも思うのが、この熱の苦しさを変わってあげたいexclamation×2って事です。
丈夫な体に成長するために、ある程度の病気はかかった方がいいらしいですけどね。

明日は保育園3日目。
機嫌は悪くないし、明日はまだ半日でお帰りなのでなんとか行けるといいな。
ひーちゃんなりに楽しみにしてるみたいですからね。
やっぱりこういう時親に出来ることは願う事だけなんですかね。
posted by ぱぱん at 23:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ひーちゃんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。